イネマルのプログラミング備忘録

知りたいことだけ端的にまとめたい

WSH WSF JScript・VBScript で、YAML をパースする方法(js-yaml)

JScriptyaml ファイルをパースしたいとき、
wsf形式と外部パッケージのjs-yamlで、簡単に実現できます。
github.com

実装

yamlファイル。(sample.yaml
文字コードは、SJISを使用。

# 設定ファイル
config:
    title: "AppName"
    width: 1280
    height: 720

wsf形式が関連付けされていない環境があるので、
サンプルは適当なバッチに埋め込んで使います。

<!-- :
@setlocal&pushd %~dp0
@cscript //nologo "%~f0?.wsf" %* || pause
@popd&endlocal&exit /b
-->
<job>
<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/es5-shim/4.5.14/es5-shim.min.js" />
<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/es5-shim/4.5.14/es5-sham.min.js" />
<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/js-yaml/3.13.1/js-yaml.js" />
<object id="shell" progid="WScript.Shell" />
<object id="fso" progid="Scripting.FileSystemObject" />
<script language="JScript">
WSH.Quit(function()
{
    try{
        // 読み込み
        var yamlFile = fso.OpenTextFile("sample.yaml", 1, true);
        var yamlText = yamlFile.ReadAll();
        yamlFile.Close();
        var doc = jsyaml.load(yamlText);
        
        // 表示
        WSH.Echo(doc.config.title);
        WSH.Echo(doc.config.width);
        WSH.Echo(doc.config.height);
        
        // Enter入力待ち
        WSH.StdIn.ReadLine();
    }
    catch(e){
        WSH.Echo(e.name + ":" + e.message);
        return -1;
    }
    return 0;
}());
</script>
</job>

VBScript

<script language="VBScript">
' 読み込み
Set yamlFile = fso.OpenTextFile("sample.yaml", 1, True)
yamlText = yamlFile.ReadAll
yamlFile.Close
Set doc = jsyaml.load(yamlText)

' 表示
WSH.Echo(doc.config.title)
WSH.Echo(doc.config.width)
WSH.Echo(doc.config.height)

' Enter入力待ち
WSH.StdIn.ReadLine

' 解放
Set yamlFile = Nothing
Set doc = Nothing
</script>

仕組み

js-yamlでは、ES5に対応した環境が求められますが、
wsf 形式は、ES3程度の機能しか使えないのでes5-shimライブラリを使って
擬似的にES5環境を扱えるようにします。
読み込んだ後は、jsyamlオブジェクトを扱うだけです。

github.com

その他

オフライン環境で使いたい場合など、
ライブラリの参照にCDNを使いたくなければ、ローカルに保存して使いましょう。

<script src="./es5-shim.min.js" />
<script src="./es5-sham.min.js" />
<script src="./js-yaml.js" />

以上、おわり。