イネマルのプログラミング備忘録

知りたいことだけ端的にまとめたい

WSH JScript Chakra を使用した ES2015(ES6) 対応 ( スクリプトエンジン まとめ )

はじめに

WSH JScript (wscript cscript) で使用できる スクリプトエンジン まとめです。

JavaScript限定、プリインストールされている物だけなので注意。
ツールとして独立しているChakraCoreや、その他サードパーティーは含みません。

JavaScript エンジン について

JScript (JavaScript) だけでも、4種類ほどスクリプトエンジンがあるようです。
以下、それぞれバッチファイルから cscript で実行する際のサンプルコマンドです。

JScript

JScript を使用する際、一般的に指定されるスクリプトエンジンです。
バージョンは、環境によって異なりますが、
現時点のOSサポートを考慮すれば、5.7 か 5.8 でしょう。

rem jscript.dll
%windir%\System32\cscript.exe /nologo /E:JScript "%~f0" %*

JScript.Compact

JScript Compact Profile (ECMA 327) で実行する、スクリプトエンジンです。
MSの情報が少ないので、詳細は未確認ですが
簡単に説明すれば、「いくつかの機能を制限して、パフォーマンス向上を図る設定を使用する」と言った感じでしょうか。
機能の制限について、少なくとも with ステートは、サポートされていないようです。

rem JScript Compact Profile (ECMA 327)
%windir%\System32\cscript.exe /nologo /E:JScript.Compact "%~f0" %*

JScript9

IE9 から使用されている、JScript9.dll をスクリプトエンジンとして指定できます。
ProgID が公開されていないので、CLSID を指定する必要があります。

ちなみに、JScript9 の 9 は、エンジンバージョンと言うわけでは無い様で、
Windows10 では、バージョン 11.0 として扱われていました。(中身は、Chakra っぽい?)

JScript と同程度の機能しか使えませんが、JScript9.dll の方が高速に動作します。
ただし、JScript 互換は完全ではなく WScript.Quit 等の一部機能が使用できません。

rem jscript9.dll
%windir%\System32\cscript.exe /nologo /E:{16d51579-a30b-4c8b-a276-0ff4dc41e755} "%~f0" %*

Chakra

Microsoft EdgeJavaScriptエンジン です。
こちらも、ProgID が公開されていないので、CLSID を指定する必要があります。

Chakra を使用する場合は、ES2015(ES6) に対応している為、クラスなどが使用できます。
ただし、JScript9 と同様に、WScript.Quit 等は、使用できません。

rem chakra.dll
%windir%\System32\cscript.exe /nologo /E:{1B7CD997-E5FF-4932-A7A6-2A9E636DA385} "%~f0" %*

Chakraを使用したスクリプト を バッチに埋め込む場合

JScript9までは、@if を使用してバッチファイルにJScriptを埋め込むこと(shebangモドキ)が出来ましたが、
Chakra を使用する場合は、構文エラーとなってしまうため、少し工夫が必要です。

JScript共通の埋め込み

@if を使用しない JScriptshebangモドキがあるので、そちらを使います。
ildar-shaimordanov/hello.jscript.bat

0</*! ::
@%windir%\System32\cscript.exe /nologo /E:{1B7CD997-E5FF-4932-A7A6-2A9E636DA385} "%~f0" %* || pause
@exit /b %errorlevel%
*/0;

Chakra限定の埋め込み

Chakra が「<!--」をコメント扱いすることを利用した方法があります。
https://qiita.com/snipsnipsnip/items/50e4ca88e3ce3f8cffda

<!-- : ^
/*
@%windir%\System32\cscript.exe /nologo /E:{1B7CD997-E5FF-4932-A7A6-2A9E636DA385} "%~f0" %* || pause
@exit /b %errorlevel%
*/

こちらの方が、スマートで良いですね。

JScript9 や Chakra で、戻り値を返したい場合

WScript.Quit が使えないのは、少々痛手なので、代替案です。
スクリプトをバッチに埋め込んで、戻り値をテキストでやり取りする方法が楽だと考えました。
スクリプト側で、exitcode.txt を出力し、バッチ側でexitcode.txtを読んで終了といった流れです。

0</*! ::
@%windir%\System32\cscript.exe /nologo /E:{1B7CD997-E5FF-4932-A7A6-2A9E636DA385} "%~f0" %*
@set /p code=<exitcode.txt
@exit /b %code% */0;

おわりに

WSH ってだけで、今更感満載のレガシーなのですが、
初期状態のWindowsで使用できる手軽さで、根強く?使われている様子。

今回のまとめは、WSH JScript で、クライアントの環境に依存せずに
ES2015 ベースのコードを使えないか調査したときの副産物です。

結果的に、ES2015 対応は行っていませんが、
TypeScript 経由で、対応できそうかなと言ったところでオチ。

参考リンク