イネマルのプログラミング備忘録

知りたいことだけ端的にまとめたい

JScript Chakra wscriptで、ECMAScript 2015 (ES6) を利用する

はじめに

wscript を利用する際に、Chakra エンジンを指定する方法です。

cscript で JScript を利用する場合、Chakra エンジンを指定するために
バッチファイルと組み合わせる方法がありますが、
wscript ではコマンドプロンプトの画面が不要なので、非表示で起動する方法です。

方法

必要なコードを先に載せます。
.js もしくは .jse 形式で保存して、そのまま実行可能です。

//@cc_on for(s='"'+WSH.ScriptFullName+'"',i=0;i<WSH.Arguments.length;i++)s+=' "'+WSH.Arguments(i)+'"';WSH.CreateObject("WScript.Shell").Run("wscript /E:{1B7CD997-E5FF-4932-A7A6-2A9E636DA385} "+s)@if(0)

// 引数を表示
let args=[];
for(let a=WSH.Arguments,c=0;c<a.length;c++)args.push(a(c));
WSH.Echo(`実行引数の数:${WSH.Arguments.length}\n${args.join("\n")}`);

//@end

もしくは、コマンドライン引数を利用しない場合、もう少し短くなります。

//@cc_on WSH.CreateObject("WScript.Shell").Run('wscript /E:{1B7CD997-E5FF-4932-A7A6-2A9E636DA385} "'+WSH.ScriptFullName)@if(0)

// 適当にコードを書く
const echo = ()=>WSH.Echo("Hello WScript Chakra");
echo();

//@end

JScript エンジンで実行された後、Chakraエンジンで自身を起動し直す仕組みで、
実行すると、メッセージボックスが表示されます。

JScriptChakra のコードを埋め込む

JScript には、IEスクリプトエンジンとして利用されている経緯から
Chakra には無い、ブラウザの判別用の「条件付きコンパイル」機能が搭載されています。

これは、コメント行にコードを利用するかどうかの判定を埋め込む代物なので、
JScriptコンパイラが読み飛ばす部分(@if(0)~@end)は、処理されません。
つまり、ES6の機能を利用しても、コンパイルエラーしないという事です。

/*@cc_on

WSH.Echo("JScript で実行される範囲");

@if(0) @*/

WSH.Echo(`Chakra で実行される範囲`);

//@end

結果、ES6ベースなコードの埋め込みが実現し、
JScript で実行される範囲」から、Chakraエンジンを指定して自身を起動し直すことで、
Chakraエンジンからは、コメントアウトされていない部分だけが実行されます。

無事コマンドプロンプトを表示せずに、Chakraエンジンでスクリプトが実行されました。

おわりに

JScriptChakra のコードを埋め込む方法は、
こちらを参考にしました。
qiita.com

Chakraで再起動する処理は、コーディングに直接関係ないので
Minifierを使って1行に収めてしまいましたが、
コマンドライン引数を利用する為の処理が、そこそこ長くなっています。

WSH.Arguments は、配列型ではないので無難にforを使いましたが、
もしかすると、より短く書けるかもしれません。

おわり。