イネマルのプログラミング備忘録

知りたいことだけ端的にまとめたい

WSH JScript で、JSONファイルをパースする(Chakra を利用する場合)

メモ

既定のJScriptJSONオブジェクトを利用する方法の別解。
Chakra エンジンを使うとJSONオブジェクトが定義済みで、そのまま使える模様。

実装

エンジンを指定するため、適当な .bat に埋め込んで使います。

0</*! ::
@%windir%\System32\cscript.exe //nologo //E:{1B7CD997-E5FF-4932-A7A6-2A9E636DA385} "%~f0" %*||pause
@pause rem 入力待機
@exit /b */0;

(()=>{
    try
    {    // JSONをパース
        const jsonTxt =
        `{"Application": {"title": "SampleApp", "width": 1280, "height": 720}}`;
        let rootObj = JSON.parse(jsonTxt);
        
        // 結果を表示
        let app = rootObj.Application;
        WSH.Echo(`${app.title}\n${app.width}\n${app.height}`);
    }
    catch(e){
        WSH.Echo(e.name + " : " + e.message);
    }
    finally{}
})();

結果

SampleApp
1280
720

以上、おわり。

関連

developer.mozilla.org inemaru.hatenablog.com