イネマルのプログラミング備忘録

趣味プログラマーのメモ

Visual Studio 2010 C++ リファクタリング

f:id:inemaru:20150912215136p:plain
【目的】
今更だけど Visual Studio 2010 C++リファクタリング(自動リネーム)を使う

【達成条件】
・無料でやる

【注意】
・正攻法ではありません(故に↓)
・すべて個人の責任で行ってください(こちらは一切の責任を持ちません)
・VS2013(以降)は、公式で配布があるので無用の産物。

【環境】
・動作環境
  Windows 8.1 Pro
・開発環境
  Microsoft Visual Studio 2010 Professional

【方法】
1: Refactor!C++をダウンロード
2: RefactorCPP-11.2.7.exeをインストール
3: インストール完了後にシャットダウン(※この時、絶対にVSを起動しないこと)
4: CodeRushXpressをダウンロード
5: インストール完了後にシャットダウン(※この時、絶対にVSを起動しないこと)
6: PCを起動したらVSを起動し、エラーが出なければ成功!


【ちなみに】
・途中の工程で、もしVSを起動すると・・・
初回起動のみ正常に動作(してるように見える)、
2回目以降の起動で、ものすごい勢いでメモリを消費して
下手するとPCごと落ちます。

・ちなみに失敗したときのエラーはこんなの
devenv.exe Assert Failure
Expression: [mscorlib recursive resource lookup bug]
Description: Infinite recursion during resource lookup within mscorlib. This may be a bug in mscorlib, or potentially in certain extensiblity
points such as assembly resolve events or CultureInfo names. Resource name: Word_At

エラーの正体・・・拡張機能で使用されている実行ファイルのバグ

【あとがき】
約1年前に、身内で話題になり、結構頑張って調べた後
一過性の話題のまま忘れ去られようとされていた情報
データの整理中に当時自分が作った、インストールのメモが出てきたので備忘録行き決定
それが、今更VS2010のネタを書くに至った理由